« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004.02.29

女子アテネ五輪最終予選

女子のオリンピック予選がイタリアで開催されています。
出場チームは、10チームでそのうち4位以内が出場権を獲得します。

グループA:
カナダ、チェコ、ドイツ、オランダ、ロシア
グループB:
スペイン、ニュージーランド、ハンガリー、イタリア、ブラジル

組合せ上各グループ2位になれば準決勝進出で、同時に五輪出場権の獲得となり
ます。
(この方式は少し物足りない気がしますが。せめてグループ3位までが可能性を
残す組合せはできなかったのでしょうか)
大会は日曜日までですが、すでにカナダ、ロシア、ハンガリー、イタリアの4
チームが出場権を獲得しました。

これでアテネ五輪女子出場8チームが決定しました。
ギリシャ(ヨーロッパ代表、開催国)
アメリカ合衆国(アメリカ大陸代表)
カザフスタン(アジア大陸代表)
オーストラリア(オセアニア代表)
ロシア(オリンピック予選)
イタリア(オリンピック予選)
カナダ(オリンピック予選)
ハンガリー(オリンピック予選)

女子アテネ五輪の組合せは日曜日に決定。詳細は
http://www.waterpolo-world.com/
http://www.fina.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユース海外遠征メンバー

<男子>
ヘッドコーチ 町田   弦 埼玉栄高等学校
コーチ    齋藤 秀樹  山形工業高等学校
帯同審判   折笠 敬一 慶応義塾高等学校
○ゴールキーパー
棚村 英行 明治大学附属中野高校(1年)
高原 豪介 修道高等学校(2年)
○ポジション1,2
小山内将弥 埼玉栄高等学校(3年)
志賀  諭  前橋商業高等学校(3年)
白崎 友也  鳥羽高等学校(3年)
○ポジション3
柚木  斉  鹿児島南高等学校(3年)
柳瀬 浩喜 前橋商業高等学校(2年)
谷川 浩一 福岡工業高等学校(3年)
○ポジション4,5
渡邉 泰典 鳥羽高等学校(3年)
大貫  剛  秀明英光高等学校(3年)
庄司  論  山形工業高等学校(2年)
田中 大貴 津田学園高等学校(1年)
○ポジション6
加藤 桂介 明治大学(1年)
西栫 尚史 鹿児島南高等学校(3年)
中村 友哉 前橋商業高等学校(3年)

遠征先:アメリカ・サンフランシスコ近郊
時期:3月中旬~

<女子>
ヘッドコーチ 木下 晃次 伊奈学園総合高等学校
コーチ    木村 潤一 山形市立第2中学校
シャペロン  水田佑里子
帯同審判    大島  明 日本体育器機
○ゴールキーパー
松川  葵 鳥羽高等学校(3年)
馬場 光里 藤村女子高等学校(3年)
○ポジション1,2
槇田 紘子 聖徳大学附属聖徳高等学校(3年)
中野 由美 藤村女子高等学校(2年)
高橋 佳奈 鳥羽高等学校(2年)
松井 祐未 聖徳大学附属聖徳高等学校(1年)
○ポジション3
岡村  幸 新潟水球ク・柏崎常盤高等学校(3年)
長岐 晴美 藤村女子高等学校(2年)
曲山 紫乃  山形工業高等学校(1年)
○ポジション4,5
長谷川未季 大垣東高等学校(3年)
津守 杏映 鳥羽高等学校(2年)
行天 朋加 聖徳大学附属聖徳高等学校(1年)
小中 美沙 藤村女子高等学校(1年)
○ポジション6
吉田 奈央 千葉水球ク・幕張総合高等学校(3年)
丹野 寛子 聖徳大学附属聖徳高等学校(2年)

遠征先:アメリカ・ハワイ(アロハ&レインボークラシックトーナメント)
時期:3月中旬~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.21

アテネ五輪男子組合せ

2/20にオリンピック男子の組合せ抽選会が行われ、下記ページに情報が載っていました。
http://www.fina.org/Athens2004_waterpolodraw.html
http://www.waterpolo-world.com/

グループA
ロシア
クロアチア
セルビアモンテネグロ
アメリカ
ハンガリー
カザフスタン

グループB
ドイツ
エジプト
イタリア
スペイン
オーストラリア
ギリシャ

メダル争いに絡むためには、各グループで3位以内に入る必要があり、予選から目が離せない対戦がたくさんあります。
オープニングゲームはロシア対カザフ。初日にはいきなりハンガリー対セルビアの対戦もあるようです。私見ですが、Aグループに強豪が集まったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.19

全国JO春季出場チーム(未確認情報)

A区分(13チーム)
山形SC・青森YSS・カワサキSC・与野水球・群馬ジュニア・川口スイミング・富山WPC・三重WPS・なみはやクラブ・京都踏水会・岡山WPC・春野水球クラブ・沖縄フリッパーズ

B区分(21チーム)
青森YSS・山形水球クラブ・川口スイミング・カワサキスイミング・明大中野中学・群馬ジュニア・城北中学・千葉水球・与野水球・富山WPC・鶴来中学・石川水球・津田SS・名古屋中学・コナミ明石・京都踏水会・大谷中学・島根SS江津・岡山WPC・高知水球クラブ・原田学園SS

C区分(11チーム)
山形水球クラブ・福島水球クラブ・千葉水球・川口スイミング・横浜サクラ・鶴来中学・北星中学・京都踏水会・コナミ明石・京都女子中学・鳥取水球クラブ

D区分(16チーム)
山形工業・青森YSS・秀明英光・前橋商業・東京クラブ・金沢市工・富山WPC・オーシャンベアーズ・名古屋・ロングビーチ・鳥羽・由良育英・岡山WPC・香川水球・鹿児島南・福岡工業

組合せ抽選会は3/5(金)10時
大会は3/27-30、東京体育館屋内プール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.08

JO九州地区予選最終日

<準決勝>
鹿児島南 14-4 佐賀東
那覇商業 4-9 福岡工業
<5位決定戦>
大分商業 4-5 長崎西
<3位決定戦>
佐賀東 4-8 那覇商業
<決勝>
鹿児島南 9-4 福岡工業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.07

JO九州地区予選2日目

Aブロック
鹿児島南 13-3 大分商業
宮崎工業 3-12 那覇商業
鹿児島南 11-1 宮崎工業
1位:鹿児島南 2位:那覇商業 3位:大分商業 4位:宮崎工業

Bブロック
筑前 2-8 佐賀東
福岡工業 9-5 長崎西
熊本水球 1-5 佐賀東
筑前 2-7 長崎西
福岡工業 12-1 熊本水球クラブ
1位:福岡工業 2位:佐賀東 3位:長崎西 4位:熊本水球クラブ 5位:筑前

(7位決定戦)
宮崎工業 3-6 熊本水球クラブ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

JO九州予選1日目

Aブロック
大分商業 6-1 宮崎工業
鹿児島南 11-7 那覇商業
大分商業 3-10 那覇商業

Bブロック
福岡工業 11-2 筑前
長崎西 12-2 熊本水球クラブ
福岡工業 9-1 佐賀東
筑前 2-4 熊本水球クラブ
長崎西 5-8 佐賀東

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.04

アテネ五輪男子組合せ情報

Water Polo Worldに掲載されていた記事です。
http://www.waterpolo-world.com/

男子アテネ五輪の組合せは2/20に行われますが、下記のような群を元に、2リーグに
分けるそうです。各群のどちらかがAリーグにどちらかがBリーグに入ります。つまり
同群チーム同士は予選リーグで対戦しません。各リーグ4位以上が準々決勝に進出で
きます。
1群:イタリア・セルビアモンテネグロ
2群:スペイン・ハンガリー
3群:アメリカ・オーストラリア
4群:カザフスタン・エジプト
5群:ギリシャ・クロアチア
6群:ドイツ・ロシア
抽選結果によっては2リーグの力の差ができるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.02

男子オリンピック最終予選

アテネオリンピックの男子最終予選がブラジルで1/25-2/1に開催されました。大会以前に出場権を獲得しているのは、以下の9チーム。

ハンガリー(ワールドリーグ優勝・世界選手権優勝)
イタリア(世界選手権2位)
セルビアモンテネグロ(世界選手権3位)
スペイン(世界選手権5位) 
ギリシャ(開催国・欧州代表・世界選手権4位)
アメリカ(アメリカ大陸代表)
カザフスタン(アジア大陸代表)
エジプト(アフリカ大陸代表)
オーストラリア(オセアニア代表)

残りの3枠をめぐって11チームが参加して戦われました。(日本は不参加)
終盤の結果は以下の通りです。
<準々決勝>
ルーマニア 8-5 スロバキア
ドイツ 6-3 オランダ
*予選リーグの1位のクロアチアとロシアは免除で準決勝へ
<準決勝>
クロアチア 12-0 ルーマニア
ロシア 8-9 ドイツ
<3位決定戦>
ルーマニア 4-8 ロシア
<決勝>
クロアチア 6-1 ドイツ
<出場権獲得国>
クロアチア ドイツ ロシア

波乱は、準決勝でドイツがロシアを下したこと、シドニー大会にも出場し世界選手権でも8位のスロバキアが準々決勝でルーマニアに負けたことでしょうか。

詳しい情報は下記ページに。
http://www.fina.org/Athens2004_qualwaterpoloBRA.html

なお女子は2/23-29にイタリアで開催されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »