« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.31

ジュニア五輪九州地区予選

1/28-29に行われたAB区分の結果および2/10-12に行われるD区分の組み合わせ結果を大分水球ページに掲載いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.19

【映画】コーチ・カーター

久しぶりに映画を見ました。といってもDVDですが。

タイトルは「コーチ・カーター」。バスケットボールを題材とした映画ですが、水球選手にもとてもためになると思いましたので、ご紹介いたします。

ストーリーを読んでから観てみようと思う方は、コメントをお読み下さい。

まだレンタルにはでていないかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.18

長沼選手もイタリアへ

海外では国内リーグが始まっています。日本代表選手もレベルアップを望んで各国でチャレンジしているようです。
長沼選手の動向が「青柳勧のブログ」に掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サザンクロストーナメント最終日

本日、サザンクロストーナメント4日目最終日、決勝が
行われましたので結果をご報告いたします

決勝
日本(2,3,1,1)7−14(3,4,4,3)ニュージーランド
 日本得点者:岡村1、河崎1、矢作1、中野2、小中1、曲山1
 日本退水決定率:57%(4点/7回)
 ニュージーランド退水決定率:54%(6点/11回)

日本はニュージーランドに次ぎ、2位となりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.17

サザンクロストーナメント3日目

女子スタッフ榎本さんより情報いただきました。
*******************************
本日、サザンクロストーナメント3日目、準決勝の
2試合が行われましたので結果をご報告いたします

第1試合
ニュージーランド 16−8 ニュージーランドジュニア

第2試合
日本(2,2,2,0)6−4(1,2,1,0)イングランド
 日本得点者:行天1、中野3、吉田2
 日本退水決定率:25%(2点/8回)
 イングランド退水決定率:22%(2点/9回)

明日は最終日、
日本はニュージーランドと決勝を戦います
******************************
会場と隣接するホテルで、スタッフも禁酒禁煙でがんばっているとこのこと。
ニュージーランドとの決勝戦がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.16

サザンクロストーナメント2日目

女子スタッフ榎本さんからの情報提供
<サザンクロストーナメントについて>
近年国際的な実力を高めているニュージーランドが、オークランドにて開催する国際招待試合。今年は女子のイングランドと日本を招待し、1月15日〜18日の期間で杯を争う。試合方法は、まず総当りリーグを行い、次にリーグ1位と4位、2位と3位がそれぞれ準決勝を行う。最後に、準決勝の勝者2チームが優勝決定戦を、敗者が3位決定戦を行う。
ニュージーランドは女子のジュニア世界選手権では8位、シニアの世界選手権では12位(いずれも昨年の結果)。大柄な体格と強いシュート力が武器である。昨年、日本で行われた日本とニュージーランドのテストマッチシリーズでは、日本は4試合を行い1勝2敗1分であった。

第1試合
ニュージーランド 21−4 ニュージーランドジュニア

第2試合
日本(1,2,2,1)6−8(1,2,2,3)イングランド
 日本得点者:山崎1、中野5
 日本退水決定率:45%(5点/11回)
 イングランド退水決定率:27%(3点/11回)

第3試合
イングランド 12−11 ニュージーランドジュニア

第4試合
日本(2,4,2,2)10−9(2,2,3,2)ニュージーランド
 日本得点者:行天1、岡村1、山崎1、河崎3、中野4
 日本退水決定率:63%(7点/11回)
 ニュージーランド退水決定率:40%(4点/10回)

明日は準決勝が行われます
日本は20時からイングランドと試合を行い、これに勝ちますと
明後日の決勝戦で、ニュージーランドとニュージーランドジュニアの
勝者と対決することになります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.15

イタリアリーグ開幕

プロ水球選手青柳勧の出場するイタリアリーグが開幕しました。
開幕ゲームは2点を獲得するものの、残念ながら負けたようです。
RN Sori  9 - 8 ASD Bergamo N

今シーズンは、青柳選手のブログも立ち上がっていますし、試合状況はそちらでチェックできるのではないかと思います。
耳寄り情報があれば、もちろんお知らせします。

またイタリア水球のサイトでも結果がごらんになれます。(スクロールしていってA2の青帽子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サザンクロストーナメント初日

女子スタッフ榎本さんより情報いただきました。
************************
本日、サザンクロストーナメント初日が行われましたので
結果をご報告いたします

第1試合
ニュージーランド15−8イングランド

第2試合
日本(3,4,1,3)11−7(1,2,2,2)ニュージーランドジュニア
 日本得点者:行天2、岡村1、山崎1、河崎3、中野2、小中2
 日本退水決定率:70%(7点/10回)
 ニュージーランド退水決定率:33%(4点/12回)

明日、日本は対イングランド戦(10:30〜)と
ニュージーランド戦(18:30〜)の2試合を行います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.13

女子日本代表NZ遠征

現在ニュージーランドに遠征中の女子代表チームスタッフ、榎本さんより情報いただ
きました。
************************************
昨日ニュージーランドに到着し、本日午後、最初のテストマッチを行いました
結果は以下の通りです

1月13日(金)18:20〜 テストマッチ「日本対ニュージーランド」
日本(1,1,3,2)7−16(2,6,3,5)ニュージーランド
日本得点 行天2、河崎1、中野3、吉田1

今後の予定は、明日イングランドが到着し、明後日より
日本・ニュージーランド・ニュージーランドジュニア・イングランドの
4チームにて「サザンクロストーナメント」という国際大会が開かれます

詳細については追ってご連絡申し上げます

************************************
到着後の試合とはいえ、NZとこんなに差がついてしまったのという感じです。
がんばれ女子日本代表!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

めじろんカップにおける新ルール

めじろんカップ無事に終わりました。
やはり秀明英光高校は新チームになっても強く、九州、中国地区のチームを寄せ付けず優勝しました。
詳し結果は、大会ブログをご覧ください。

さて、めじろんカップでは多くの新ルールを採用しました。
数名のライセンスを持つ審判と監督・コーチで審判を務めが、いい経験になったと思われます。

簡単に見聞きした場面をまとめてみると。

時間に関しては、30秒になるとやはり攻撃のリズムを早くしないと、時間切れになってしまいます。ただ、これも慣れだと思いますので、早く敵陣に入り込みセットを組むことで適応していけると思います。しかし、本大会は決勝戦のみ1ピリオド8分で行い、あとは5分だったので、疲労で30秒で攻めきれなくなる要素は小さかったと思います。1ピリオド8分と攻撃時間30秒は、体力的にも試合の流れの面でも実力の差がはっきりと現れ、大量得点差を生みやすくなるのではないかと思います。

ディフェンスの両手ハンズアップによる反則は、どのチームも適応が早く、それほどなかったと思います。
P1040617


ディフェンスのシュートカットがゴールスローになるルールは、もっとカウンターアタックを狙えるのではないかと思います。また、審判の判定は時に難しい場面もあり、両審判の判定が食い違うことも見受けられました。特に退水ゾーン時はディフェンスの手なのかキーパーの手なのか判断しにくいこともあるということを審判の方から聞きました。

5mからのフリースロー直接シュートは、よく狙っている様子が見られました。フリースロー後のスリリングな場面が感じられますが、それほどまで成功率が高いわけではありません。

ボールを保持していないチームの不正入水は、不正入水者は退水となり、相手にペナルティが与えられるようになりますが、とっさのことだったので、審判は従来どおりの退水のみしか与えなかった場面があったと聞きました。

ブリタリティ(暴力行為)があり、本人は永久退水となりましたが、(新ルールでは)交代者が認められ、4分後にオフィシャルから旗の合図により、入水するシーンもあったと聞きました。

決勝戦だけは、1ピリオド8分ゲームでした。その他のゲームを5分でやっていたせいもあり、長く感じられました。試合時間は、1ピリオド開始から約55分でタイムアップ。2ピリと3ピリ間は5分のピリオド間がありましたが、選手も観客も持て余し気味という感じを受けました。

などなど。
今年は新ルールを熟知し、活かしたチームが躍進するはず!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.05

めじろんカップ2日目

めじろんカップの2日目までの暫定順位
<Aブロック>
1位:鹿児島南高校(3勝 得失点差6)
2位:島根水球クラブ(3勝1敗 得失点差19)
3位:鳥取中央育英高高(2勝2敗 得失点差8)
4位:長崎西高校(1勝2敗 得失点差‐9)
5位:岡山WPC(1勝2敗 得失点差6)
6位:宮崎工業高校(0勝3敗 得失点差‐30)

<Bブロック>
1位:秀明英光高校(4勝 得失点差31)
2位:大分商業高校(2勝1敗1分 得失点差0)
3位:福岡工業高校(2勝1敗1分 得失点差6)
4位:広島水球クラブ(2勝1敗1分 得失点差‐1)
5位:兵庫県選抜(1勝2敗1分 得失点差‐11) 
6位:佐賀東高校(1勝3敗 得失点差‐9)
7位:筑前高校(0勝4敗 得失点差‐16)

順位決定方法は、勝点、直接対決の結果、得失点差の順で決定。
各試合の結果は、大会ブログをご覧下さい。
大会3日目は、予選リーグの残り試合と順位決定トーナメント(前半)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めじろんカップ

めじろんカップ始まりました。
大会ブログP1040595
に結果等は掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »