« 関東学生リーグ8/25-27 | トップページ | 欧州選手権開幕 »

2006.08.31

日本選手権のゲーム分析解説3

*フローターについて
センターライン強化が叫ばれている中、男子では星合郊(三建30)、若松弘樹(早稲田大)、西栫尚史(全日体大)がこのポジションから多くのシュートを放った。それぞれの選手の試合の得点/シュート数は、2/8、2/5、1/6であった。女子は河崎茉里(聖徳ク)、山崎 茜(藤村SS)、中野由美(東女体大)が、それぞれ3/7、4/5、3/5であった。また、このポジションではパーソナルファウルを誘発することも現代水球では大きな役割となっているが、フローターポジションだけで誘発したものをみると、男子では星合郊(三建30)と小山内将弥(早稲田大)がそれぞれ3試合で3回、女子では田中真琴(日体ク)が3試合で7回、中村南海子(聖徳ク)が4回獲得している。

*個人得点ランキングと上位者の得点パターン
男子では、筈井翔太(早稲田大)がカウンターアタックを中心に3試合で13点をあげ、他選手を引き離し得点王となった。続いて、田中宏児(三建30)はオールラウンダーな活躍で9点を獲得。女子では、カウンターアタック以外で満遍なく得点を挙げた中野由美(東女体大)が17点をあげ得点女王となった。続いて、加藤蓉子(藤村SS)がカウンター等で高い成功率をあげ14点を獲得。3位以下も各選手の得意パターンと共に表2、3を参照されたい。

*ゴールキーパーについて
男子の平均セーブ率は48.9%(152/311)で、女子の36.2%(100/276)よりかなり高い値であった。括弧内は、セーブ数/ゴール内シュート数を表す。ゴールキーパーのセーブ率はディフェンスとの連携がうまくいくと高くなるので、強いチームのゴールキーパーほどセーブ率も高くなる傾向がある。男子は江口朝永(全日体大)の65.2%(30/46)、棚村英行(早稲田大)の58.3%(21/36)、大島 仁(日体倶)の53.2%(33/62)と続き、女子は奥山睦美(日体ク)の50.0%(26/52)、冨山薫美子(聖徳ク)の50.0%(10/20)、長沼久仁子(藤村SS)の45.0%(18/40)と続いた。

終わり

|

« 関東学生リーグ8/25-27 | トップページ | 欧州選手権開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13208/11707835

この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権のゲーム分析解説3:

« 関東学生リーグ8/25-27 | トップページ | 欧州選手権開幕 »