« 欧州選手権のオメガ分析 | トップページ | 続々・欧州選手権データ »

2007.02.26

続・欧州選手権データ

前回に引き続き欧州選手権のデータ分析結果がアップされました。
なおデータは、決勝ラウンド14試合を集計したものです。

1.アクション分析結果
この分析でアクションとされるのは、「シュート」「退水」「ペナルティ」「ターンオーバー」「オフェンスファウル」の5項目です。1試合平均103回のアクションが行われ、それぞれ「シュート(53.6)」「退水(18.9)」「ペナルティ(1.4)」「ターンオーバー(20.7)」「オフェンスファウル(8.2)」でした。この内、退水、ペナルティ、オフェンスファウルは審判の笛によるもので、28.5回(27.7%)でした。

2.シュート分析結果(カッコ内に国内全国大会との比較)
・1試合で54.7本のシュート、19.6のゴール、成功率は35.8%(これは国内試合と同等か少し低い)
・退水時だけで17.7本のシュート、8.4のゴール、成功率は47.5%(成功率は少し高めであるが、シュートとゴール数はかなり多い)
・6対6のセット攻撃(ミドル)で20.6本のシュート、4.4のゴール(ほぼ国内と同数です)
・カウンターで6.7本のシュート、2.4のゴール(国内データは少し幅があったのですが、ほぼ同数)
・フローターで4.7本のシュート、1.9のゴール(国内の方が多い)
・5mシュートで2.4本のシュート、0.9のゴール(シュート数は同数であるがゴール数が国内が少ない)
・ドライブで1.1本のシュート、0.4のゴール(国内がシュート数、ゴール数とも倍以上)
ちなみに国内との比較に統計処理はしておらず、あくまで感覚です。

コメント
・退水時攻撃は、最も成功率の高い攻撃である
・ドライブ攻撃の成功率は低く、あまり実行しない攻撃である
・カウンター攻撃は、フローター攻撃より多く6対6のセット攻撃より少ない
・5mシュートは総数に関しては多くないので重要ではないが、6対6セット時ミドルシュートより成功率は高い
(続く)

|

« 欧州選手権のオメガ分析 | トップページ | 続々・欧州選手権データ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 欧州選手権のオメガ分析 | トップページ | 続々・欧州選手権データ »