« ジュニアオリンピック組合せ決定 | トップページ | 合同研修会の内容一部変更 »

2007.03.07

サムライ魂を語るセルビア人

先日紹介した今年度の指導者・審判合同研修会ですが、講師のスロボダン・パブコヴ氏にお会いする機会がありましたので、予告編を少し・・・

現在世界のトップに君臨するセルビアのノウハウを、いかにして日本で取り入れていけば良いのか?
練習方法、大会運営、地域や取り巻く関係などへの提言、技術面では世界トップのプレスディフェンスなどなど

また、水球関係者との対話もたくさん望んでいます。ぜひ、軽食付のフリートーキングにもご参加ください。

なお、研修会はセルビア語なのでは?と不安視している方がいるかもしれませんが、ほとんどを日本語で行ないます。3年半の指導における日本語習得能力はすごいもので、水球の内容を聞くにはまったく困らないので、ご心配なく。

前回のお知らせにあったJETプログラムについて

|

« ジュニアオリンピック組合せ決定 | トップページ | 合同研修会の内容一部変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジュニアオリンピック組合せ決定 | トップページ | 合同研修会の内容一部変更 »