« 秋田国体開幕 | トップページ | クロアチア人のゴラン・サブリッチ氏が日本代表監督に »

2007.10.09

秋田国体ゲーム分析集計データ

秋田国体のゲーム分析集計結果を掲載いたしました。

得点王には小高(東京都)が19点で輝き、退水誘発は笹渕(秋田県)が17個でトップを獲得、GKの最高セーブ率は1試合ながら曽我(広島県)が63.6%で獲得しました。
その他チーム攻撃・守備やベスト8チームの集計データなども掲載しています。

|

« 秋田国体開幕 | トップページ | クロアチア人のゴラン・サブリッチ氏が日本代表監督に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋田国体開幕 | トップページ | クロアチア人のゴラン・サブリッチ氏が日本代表監督に »