« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.29

関東学生水球リーグ6/27-28

「0906027KantoStudentLeague.pdf」をダウンロード

「0906028KantoStudentLeague.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2009.06.22

ワールドリーグ最終日結果

GAME 21: JAPAN 11 – SOUTH AFRICA 9(2-3, 3-1, 3-3, 3-2)
JAPAN: 1. TANAMURA Hideyuki, 2. IREI Kan (1), 3. YANSE Akira (1), 4. HAZUI Shota (2), 5. TAKEI Koji, 6. SOMEYA Masatoshi, 7. SHIMIZU Yusuke (2), 8. NAGANUMA Atsushi (2), 9. OKAWA Keigo, 10. SHIOTA Yoshinori (1), 11. HOSHIAI Hiroshi (1), 12. NAGATA Satoshi (C), 13. SHIMIZU Naoki.
Coach: SABLIC Goran
SOUTH AFRICA: 1. FLATSCHER Dwayne, 2. LE ROUX Etienne (4), 3. RIDLEY Andrew, 4. KAJEE Adam, 5. KYTE Gavin (1), 6. DE CARVALHO Joao Marco, 7. BROWN Christopher , 8. LE ROUX Jean, 9. DIESEL Rick, 10. LE ROUX Pierre (C) (2), 11. DOWNES Richard, 12. KYTE Jason (1), 13. BADENHORST Ignardus (1).
Coach: TRNINIC Vladimir.
Referees: CIRIC Mihajlo (SRB), GOLDENBERG Michael (USA).
FINA Delegate: WOODHOUSE John (AUS).
日本と南アフリカは互いの目標に応えるべく、均衡したゲームを繰り広げた。日本は終始追いすがる南アフリカをリードし、7位を獲得した。南アフリカはラスト1分で、Ridleyが退水攻撃で同点となるチャンスを失い、逆に日本はその直後のカウンターアタックで筈井(この試合2点目)が決め11対9、日本が勝利をおさめた。
Extra player: JPN 13 (6), RSA 8 (1). Penalty: RSA 1 (1).

GAME 22:AUSTRALIA 10 - ITALY 11(2-2, 2-3, 2-1, 4- 5)
GAME 23:SERBIA 9 - USA 7(2-2, 1-2, 4-2, 2-1)
GAME 24:MONTENEGRO 8 – CROATIA 7(3-1, 2-2, 2-1, 1-3)

TEAM STANDINGS
1. MONTENEGRO
2. CROATIA
3. SERBIA
4. UNITED STATES
5. ITALY
6. AUSTRALIA
7. JAPAN
8. SOUTH AFRICA

世界のプレーはハイライトシーンで

| | コメント (0)

関東学生水球リーグ6/20-21

「0906020KantoStudentLeague.pdf」をダウンロード

「0906021KantoStudentLeague.pdf」をダウンロード

【2009年度 関東学生水球リーグ戦】

男子1部最終順位
第1位 筑波大学
第2位 日本体育大学
第3位 日本大学
第4位 専修大学
第5位 早稲田大学
第6位 中央大学
第7位 仙台大学
第8位 国際武道大学

女子 最終順位
第1位 東京女子体育大学
第2位 日本体育大学
第3位 早稲田大学
第4位 日本女子体育大学

| | コメント (0)

2009.06.21

ワールドリーグファイナル

<準々決勝>
Game 13: USA 10 – Australia 6(2-3, 3-0, 2-1, 3-2)
Game 14: Italy 6 – Croatia 8(2-2, 0-2, 2-2, 2-2)
Game 15: Serbia 16 - South Africa 2 (3-1, 3-0, 6-1, 4-0)
Game 16: Japan 2 – Montenegro 18 (0-5, 1-5, 1-3, 0-5)
Japan: 1. TANAMURA Hideyuki, 2. IREI Kan, 3. YANSE Akira, 4. HAZUI Shota, 5. TAKEI Koji, 6. SOMEYA Masatoshi, 7. SHIMIZU Yusuke (1), 8. NAGANUMA Atsushi, 9. OKAWA Keigo, 10. SHIOTA Yoshinori (1), 11. HOSHIAI Hiroshi, 12. NAGATA Satoshi (C), 13. SHIMIZU Naoki.
Coach: SABLIC Goran
Montenegro: 1. RADIC Zdravko, 2. BRGULJAN Draško (3), 3. RADOVIC Aleksandar (3), 4. TRAJKOVIC Filip (2), 5. DANILOVIC Damjan (4), 6.TICIC Milan, 7. JANOVIC Mladan (2), 8. JANOVIC Nikola (C) (2), 9. PETROVIC Antonio (2), 10. ZLOKOVIC Boris, 11. GOJKOVIC Vladimir, 12. DRASKOVIC Dragan, 13. ŠCEPANOVIC Miloš.
Coach: POROBIC Petar.
Referees: GOLDENBERG (USA), PINKER Guy (RSA).
FINA Delegate: WHITEHOUSE John.
地元2000人の観衆に後押しされ、モンテネグロが一方的な試合展開で勝利をおさめた。3ピリこそ3点であったものの、後のピリオドは5点をそれぞれ獲得した。7人の得点者のうち、Danilovicはトップとなる4点をあげた。モンテネグロは準決勝でアメリカと対戦する。

<5~8位決定戦>
Game 17: AUSTRALIA 12 – JAPAN 6(4-1, 2-1, 2-2, 4-2)
AUSTRALIA: 1. STANTON James, 2. CAMPBELL Richie (3), 3. CLELAND Tim, 4. O’HALLORAN Nick (1), 5. MAITLAND Rob (C) (2), 6. MILLER Billy (2), 7. COTTERILL Johnno (1), 8. RICHARDSON Grant (1), 9. LEWIS Stephen, 10. WILL David, 11. HOWDEN Rhys, 12. LAWRENCE Daniel (2), 13. DENNERLY Joel.
Coach: FOX John.
JAPAN: 1. TANAMURA Hideyuki, 2. IREI Kan (1), 3. YANSE Akira, 4. HAZUI Shota (1), 5. TAKEI Koji, 6. SOMEYA Masatoshi, 7. SHIMIZU Yusuke, 8. NAGANUMA Atsushi (3), 9. OKAWA Keigo, 10. SHIOTA Yoshinori (1), 11. HOSHIAI Hiroshi, 12. NAGATA Satoshi (C), 13. SHIMIZU Naoki.
Coach: SABLIC Goran
Referees: VLASIC Miroslav (CRO), PINKER Guy (RSA).
FINA Delegate: SHARONOV Evgeny (RUS).
オーストラリアはスコアボードに表示されているほぼ7人のプレーヤーで日本に快勝した。 キャンベルは3得点、長沼がペナルティシュートで2点目を決めるた他、カウンターでさらに2点を獲得。 オーストラリアは5位決定戦へ、日本は7位決定戦に挑む。
Extra player: AUS 12 (4), JPN 7 (4). Penalty: JPN 1 (1).

Game 18: ITALY 14 – SOUTH AFRICA 3(3-1, 3-1, 4-0, 4-1)
<準決勝>
Game 19: CROATIA 7 - SERBIA 5 (3-1, 1-2, 2-1, 2-1)
Game 20: USA 6 – MONTENEGRO 10 (0-3, 2-2, 1-3, 3-2)

| | コメント (0)

ワールドリーグ予選リーグ

ワールドリーグの概況をまとめてみました。情報はFINAのページから

Game 1: USA 10 - Italy 6 (3-2, 2-1, 4-3, 1-0)

Game 2: Serbia 12 – Japan 6 (2-2, 0-2, 5-2, 5-0)
SERBIA: 1.SORO Slobodan (C) 2.VAPENSKI Boris 3. GOCIC Živko (1) 4.ŠAPONJIC Luka 5.GAK Slavo 6.PIJETLOVIC Duško (1) 7.NIKIC Slobodan (2), 8.ALEKSIC Milan (1), 9.RA?EN Nikola 10.FILIPOVIC Filip (3), 11.PRLAINOVIC Andrija (4), 12.MITROVIC Stefan 13.PIJETLOVIC Gojko. Coach: UDOVICIC Dejan.
JAPAN: 1.TANAMURA Hideyuki, 2.IREI Kan (1), 3.YANSE Akira, 4.HAZUI Shota, 5. TAKEI Koji, 6.SOMEYA Masatoshi, 7.SHIMIZU Yusuke, 8.NAGANUMA Atsushi (1), 9.OKAWA Keigo (1), 10.SHIOTA Yoshinori (1), 11HOSHIAI Hiroshi, 12.NAGATA Satoshi (C) (2), 13.SHIMIZU Naoki.
Coach: SABLIC Goran.
Referees: ADŽIC (MNE), PINKER (RSA).
FINA Delegate: LONZI (ITA).
ハーフタイムで、驚くべきことに強豪セルビアは日本に対して2点のリードを許す。日本は1ピリを2-2の同点とし、2ピリは2-0と奪う。しかし後半になると眠っていたセルビアの選手たちは3ピリ、4ピリと5点ずつをたたき出したのに対し、日本は3ピリに2点を返すのがやっとであった。この平穏な試合は結局12対6。主な得点者は:セルビアがPrlainovic (4)、Filipovic (3)、Nikic (2); 日本はキャプテン永田(2)

Game 3: Australia 6 - Croatia 9 (1-2, 3-2, 2-2, 0-3)
Game 4: Montenegro 18 vs. South Africa 5 (5-1, 5-0, 5-2, 3-2)
Game 5: Australia 13 - South Africa 4(3-1, 5-0, 2-2, 3-1)
Game 6: Serbia 6 – Italy 4(2-2, 2-0, 1-0, 1-2)

Game 7: United States 14 – Japan 3(2-0, 5-0, 4-1, 3-3)
USA: 1. MOSES Merrill, 2. VARELLAS Peter (1), 3. ALEXANDER Brian (2), 4. POWERS Jeff (3), 5. WRIGHT Adam (2), 6. MANN John (1), 7. BEAUBIEN Layne, 8. AZEVEDO Tony (C) (1), 9. HOPKINS Thomas (1), 10. HUTTEN Tim (1), 11. JOHNSON Justin (1), 12. KRUMPHOLZ Jw (1), 13. KERR Genai.
Coach: SCHROEDER Terry.
Japan: 1. TANAMURA Hideyuki, 2. IREI Kan, 3.YANSE Akira, 4. HAZUI Shota (1), 5. TAKEI Koji, 6. SOMEYA Masatoshi, 7. SHIMIZU Yusuke (1), 8. NAGANUMA Atsushi, 9. OKAWA Keigo, 10. SHIOTA Yoshinori, 11. HOSHIAI Hiroshi, 12. NAGATA Satoshi (C) (1), 13. SHIMIZU Naoki.
Coach: SABLI? Goran.
Referees: ADŽIC Aleksandar (MNE), VLAŠIC Miroslav (CRO).
FINA Delegate: WHITEHOUSE John (AUS).
アメリカが連続8得点後、日本は3ピリ3分2秒に筈井が待望の初ゴールをあげる。日本は3ピリ残り30秒でペナルティシュートを獲得し2点目の期待を集めたが、竹井昂司はアメリカ第2のGKであるGenai Kerrに阻まれてしまった。
最終ピリオド、アメリカは11対1からさらに3点を積み重ねる。日本の2点目は最終ピリオド3分15秒のキャプテン永田によって決められた目の覚めるようなカウンターアタックで、観客を沸かせた。そして退水攻撃での志水祐介の素晴しいゴールにつながった。最終ピリオドは同点だったもののトリプルスコアの試合。アメリカはBeaubienを除くすべてのフィールドプレーヤーが得点を挙げ、2勝目。ヘッドコーチSchroederのプランどおりの展開。日本のチームは必然的に2敗目を喫した。
Extra player: USA 2 (2), Japan 5 (0). Penalty: USA 1(1), Japan 1 (0).

Game 8: Montenegro 12 – Croatia 7(3-2, 3-2, 4-2, 2-1)
Game 9: South Africa 3 – Croatia 12(2-4, 1-2, 0-2, 0-4)

Game 10: Japan 6 – Italy 14 (1-4, 1-2, 3-6, 1-2)
Japan: 1. TANAMURA Hideyuki, 2. IREI Kan (1), 3. YANSE Akira, 4. HAZUI Shota (1), 5. TAKEI Koji, 6. SOMEYA Masatoshi (1), 7. SHIMIZU Yusuke (1), 8. NAGANUMA Atsushi, 9. OKAWA Keigo ,10. SHIOTA Yoshinori (2), 11. HOSHIAI Hiroshi, 12. NAGATA Satoshi (C), 13. SHIMIZU Naoki.
Coach: SABLI? Goran
Italy:1. TEMPESTI Stefano (C), 2. MISTRANGELO Federico (1), 3. GIORGETTI Alex (2), 4. BUONOCORE Fabrizio (1), 5. GALLO Valentino (1), 6. FELUGO Maurizio, 7. FIGARI Nicolò (2), 8. RIZZO Valerio (2), 9. LA PENNA Michele (1), 10. CALCATERRA Alessandro (4), 11. DI COSTANZO Luigi, 12. FIORENTINI Goran, 13. NEGRI Tommaso.
Referees: FLAHIVE Danie (AUS), PINKER Guy (RSA).
FINA Delegate: SHARONOV Evgeny (RUS).
最終的には8点差がついたにもかかわらず、試合は堅実でナイスプレーが観られた。Goran Sablic率いる日本チームに、劣等感は見られず、優秀な個人技能や納得のいくチーム力を有していた。 あらゆるプレーで競り合い6ゴールをあげたものの他の場面で細かいミスが目に付いた。 イタリアの強力センターフォワードのAlessandro Calcaterraがカムバックし、4点をあげた。
Extra player: JPN 6 (3), 6 (3). Penalty: ITA 1 (1).

Game 11: Serbia 10 - United States 7(3-2, 4-2, 1-1, 2-2)
Game 12: Montenegro 6 – Australia 4(3-2, 2-0, 1-1, 0-1 )

<予選リーグの結果>
Group A
1.SERBIA (3 games, 3 wins, 0 losses, 28:17 goal difference, 9 points)
2.USA (3 games, 2 wins, 1 loss, 31:19 goal difference, 6 points)
3.ITALY (3 games, 1 win, 2 losses, 24:22 goal difference, 3 points)
4.JAPAN (3 games, 0 wins, 3 losses, 15:40 goal difference, 0 points)
Group B
1.MONTENEGRO (3 games, 3 wins, 0 losses, 36:16 goal difference, 9 points)
2.CROATIA (3 games, 2 wins, 1 loss, 28:21 goal difference, 6 points)
3.AUSTRALIA (3 games, 1 win, 2 losses, 23:19 goal difference, 3 points)
4.SOUTH AFRICA (3 games, 0 wins, 3 losses, 12:43 goal difference, 0 points)

| | コメント (0)

2009.06.17

ワールドリーグ

ワールドリーグに出場の日本チームは、初戦でセルビアに6対12で敗れたそうです。

産経ニュース

| | コメント (0)

2009.06.16

関東学生水球リーグ6/13-14

「0906013KantoStudentLeague.pdf」をダウンロード

「0906014KantoStudentLeague.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2009.06.07

関東学生リーグ6/6-7

「090606KatoStudentLeague.pdf」をダウンロード

「090607KatoStudentLeague.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »