« インターハイゲーム分析ページ | トップページ | インカレゲーム分析ページ »

2009.08.19

アジアエージ選手権の集計データ

非公式ではありますが、アジアエージ選手権の集計データを掲載します。

<男子>
攻撃「BOYS_Offense.pdf」をダウンロード
守備「BOYS_Defense.pdf」をダウンロード
得点ランク「BOYS_GoalRank.pdf」をダウンロード
退水「BOYS_Exclusion.pdf」をダウンロード
GK「BOYS_GK.pdf」をダウンロード

得点はカウンターアタックが多かったためか、少し多めの得点です。特に日本は緊張感とぎらさずに、1試合平均27.6点を重ねました。退水も1試合8個と多く取っています。(全体では1試合平均6個と少な目)
日本以外のチームは、攻撃での決定的なチャンスを生み出せず、ミドルシュートや5mシュートに頼っているようです。(打数は多いが得点は少ない)
クウェートは日本の最大の強敵と思われましたが、やはり後半に泳力に勝る日本が突き放しました。フローターから点を取られてしまいましたが、パワフルなプレーヤーとやる時は少し課題だったと思われます。

<女子>
攻撃「GIRLS_Offense.pdf」をダウンロード
守備「GIRLS_Defense.pdf」をダウンロード
得点ランク「GIRLS_GoalRank.pdf」をダウンロード
退水「GIRLS_Exclusion.pdf」をダウンロード
GK「GIRLS_GK.pdf」をダウンロード

各チーム3試合と少ない試合でありましたが、最終戦でウズベキスタンと対戦できたのは、良かったのではないでしょうか。日本よりは一回り体格が大きな相手とどのように戦うか課題でしたが、やはり後半日本の泳力とスピードで引き離すことができました。
男子よりも多くの退水がでているようですが、日本はかなり高い確率できっちりと決めていたようです。

各試合別データは大会サイトから

|

« インターハイゲーム分析ページ | トップページ | インカレゲーム分析ページ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インターハイゲーム分析ページ | トップページ | インカレゲーム分析ページ »