« 上海世界選手権第2戦 BRA11-13JPN | トップページ | 上海世界選手権 日本11位 »

2011.07.25

上海世界選手権 ドイツ戦

昨晩、日本はドイツと対戦し6対8とおしくも負けました。
このカードは、グループ3位の日本は他グループの2位と対戦し、勝てば8位以内の戦いに進めるところでした。

得点は、志水3点、竹井1点、塩田1点、永田1点

1ピリは、志水の2本のアクションゴールと塩田のペナルティシュートで3対3
2ピリは、お互いゴールが奪えずターンオーバーの繰り返し、相手の1点のみで0対1(3対4)
3ピリは、永田が退水時シュート、竹井がアクションゴールで決めるも後半はなされ2対3(5対7)
最終ピリオドは、志水の退水時シュートで1点差に迫るものの、ラスト11秒で決められ万事休す1対1(6対8)

これで日本は9~12位戦に回ることになりました。次はオーストラリア。

|

« 上海世界選手権第2戦 BRA11-13JPN | トップページ | 上海世界選手権 日本11位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上海世界選手権第2戦 BRA11-13JPN | トップページ | 上海世界選手権 日本11位 »