« 出場時間分析 | トップページ | 春季JOゲーム分析ページ »

2012.10.10

日本選手権のゲーム分析集計データ

日本選手権・全国女子水球大会のゲーム分析集計データをアップしました。
http://homepage2.nifty.com/oita-waterpolo/12Japan-top.html

準決勝までをみていると完勝とは言えなかったブルボンですが、さすがに決勝に焦点を合わせてきましたね。
その決勝戦は前半、日体が引き離せず、ブルボンがなんとか追いつくという展開でした。
退水を誘発し、その後のセットへの展開は、世界の水球のセオリーに近い形となりました。

後半もその展開は続きますが、日体が退水攻撃から決め切れなかったのに対し、ディフェンスの隙をつくミドルシュートを決め、最終ピリオドで引き離したブルボンが、残り時間をきっちりと展開し勝利を堅守しました。
後半は、ブルボンGK棚村英とディフェンスの連携で全日体大を零封したのは見事でした。

出場時間分析からは、
全日体はフィールダー11人中9人が出場に対し、ブルボンは11人中11人出場。層の厚い全日体大といえども控え選手を全員交代できる状況ではなかったようです。
全日体大は大川、角野、志賀、竹井の4人がほぼ出場し、ブルボンは筈井、保田の2人がほぼ出場していました。

3決・決勝の出場時間分析の詳細データは以下の通りです。

東京女子体育大 対 SHUMEI 「12japanw07.pdf」をダウンロード

日体クラブ 対 全藤村 「12japanw08.pdf」をダウンロード

全筑波大 対 稲泳会 「12japanm07.pdf」をダウンロード

全日体大 対 ブルボン 「12japanm08.pdf」をダウンロード

|

« 出場時間分析 | トップページ | 春季JOゲーム分析ページ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出場時間分析 | トップページ | 春季JOゲーム分析ページ »