2015.03.31

ワールドリーグインターコンチネンタルトーナメント男子

球ポセイドンジャパンが出場する「ワールドリーグインターコンチネンタルトーナメント男子」が3/30~4/4にUSA・コロナデルマールで開催されます。下記Youtubeで視聴できます。
https://www.youtube.com/user/USAWP

予選3試合の日程は、日本時間で
3/31(火)午前10:30 対アルゼンチン
4/1(水)正午12:00 対アメリカ
4/2(木)午前9:00 対カナダ

| | コメント (0)

2012.05.10

水球ワールドリーグ2012 アジア太平洋ラウンド

Cimg3840

Cimg3841

Cimg3842

<女子>
日本 8-15 中国   「2012WL-W01-Data.pdf」 「2012WL-W01-Score.pdf」

豪州 11-10 中国 「2012WL-W02-Data.pdf」 「2012WL-W02-Score.pdf」

日本 2-18 豪州 「2012WL-W03-Data.pdf」 「2012WL-W03-Score.pdf」

<男子>
中国 9-4 カザフ   「2012WL-M01-Data.pdf」  「2012WL-M01-Score.pdf」

日本 4-10 豪州   「2012WL-M02-Data.pdf」  「2012WL-M02-Score.pdf」

豪州 15-3 カザフ   「2012WL-M03-Data.pdf」  「2012WL-M03-Score.pdf」

日本 4-6 中国   「2012WL-M04-Data.pdf」  「2012WL-M04-Score.pdf」

豪州 17-5 中国 「2012WL-M05-Data.pdf」 「2012WL-M05-Score.pdf」

日本 10-3 カザフ 「2012WL-M06-Data.pdf」 「2012WL-M06-Score.pdf」

| | コメント (0)

2012.01.26

アジア選手権(オリンピック予選)

ゲーム分析データを日本水泳連盟のページにアップしていますが、英語版のみなので用語の解説を載せておきます。

<分析シート>表形式データ
・Shots & Goals…シュート本数&得点数
・Outside Shot・・・外郭からのミドルシュート
・5m Shot…フリースロー後の直接シュート(5mより後方から)
・Centre Shot…センタープレーヤー(フローター)によるシュート
・Inside Shot…カットインシュートやドライブシュート
・Counter Shot…カウンター(速攻)によるシュート
・Extra Shot…相手退水時のシュート
・Penalty Shot…ペナルティシュート

・Personal Foul…パーソナルファウル(退水とペナルティファウル)
・Re…(相手選手から)誘発
・Co…(相手選手から)損失

<スコアシート>時系列データ
左段から「時間」「チーム名・帽子番号」「攻撃選手名」「プレー内容」「得点・退水者」
「Action攻撃内容」について

シュート関連
シュートの種類は<分析シート>と同じ
/Goal…ゴール
/Missed…クロスバーにあたる、ポスト外に外れる
/Saved…ゴールキーパーが止める
/Blocked…ディフェンスが止める

退水関連
Ex re…相手チームから退水を誘発
/in Centre…センタープレーヤーで発生
/in Other…その他の位置で発生

ターンオーバー関連
TO…ターンオーバー(攻防の転換)
/Ball…(発生理由が)(パスミス、パスカット、スティールなどの)ボールに関係
/Foul…(発生理由が)攻撃側のファウルによる
/Time…(発生理由が)攻撃時間(30秒)のオーバーによる

Cimg3625_2


Cimg3626_2

昨晩の男子日本対クウェートのバックスタンドは満席でした。

| | コメント (0)

2011.12.27

Tom Hoad Cup

男子日本代表は、オーストラリアでTom Hoad Cupに参加。
今日から開幕で、初戦は地元クラブチームのFremantle Marinersに7対8の敗戦。

大会HPから、ライブ映像がご覧になれます。(大竹くんありがとう!)


明日は、現地時間18:30から中国戦です。

がんばれポセイドンジャパン!

| | コメント (0)

2011.12.19

アジア選手権(五輪予選)

すでに各HPでも紹介されているように、アジア選手権(五輪予選)が開催されます。

●参加チーム(香港がキャンセル)
男子(4):日本、中国、カザフ、クウェート
女子(3):日本、中国、カザフ

●会場:千葉国際水泳場

●試合日程(Wは女子、Mは男子の試合)
1/24(火)
11:30 W1 KAZ - CHN

1/25(水)
11:30 W2 JPN - KAZ
17:30 M1 CHN - KAZ
19:30 M2 JPN - KUW

1/26(木)
11:30 W3 JPN - CHN
17:30 M3 CHN - KUW
19:30 M4 JPN - KAZ

1/27(金)
17:30 M5 KAZ - KUW
19:30 M6 JPN - CHN

http://www.swim.or.jp/

http://www.poseidonjapan.net/

http://waterpolonews-japan.com/

| | コメント (0)

2011.08.22

ユニバー、スペインに競り勝ち日本5位!

すごいですね!昨日の中国に続き、スペインにも9対8と競り勝ち、5位獲得です。

JPN 9 - 8 ESP
(2:2, 3:2, 2:2, 2:2)
得点者:志水2,角野1、保田1,竹井3,大川2
GKセーブ率(棚村):15/23(65.2%)

データは → ユニバー水球結果ページ Match43

| | コメント (0)

2011.08.21

ユニバ、中国破り5位決定戦へ!

2日前インターハイのホテルで、4位以内の成績をかけた試合で、マケドニアに負けたことを知りました。
マケドニアは大型フローターが強いとのこと。2点差で負けてしまいました。

今日は中国戦、お互い実力を知り尽くした相手ですが、トップ数名の選手はユニバには出場していません。しかし、重要なこの試合を落とすわけにはいきません。世界選手権組がチームを引っ張り、延長戦を制し、5位決定戦へ進出が決定しました。ここで中国に勝っておくことの意義は大きいです。

明日は5位をかけて、スペインと対戦します。

| | コメント (0)

2011.07.29

上海世界選手権 日本11位

昨日、11位決定戦が行われ日本は欧州の古豪ルーマニアに見事な勝利をおさめ、11位獲得しました。

ルーマニアには数年調子の波がありますが、世界選手権や欧州選手権でも上位に入ったことがあり、そこに勝ったことは価値あることだと思います。

日本チームは、この日総力戦で前半から主砲ラドゥーを何とか抑える作戦。フローターバックだけでなく、全員が彼をマークし押えました。日本の退水数は永退者数名を含めすごい数ですが、これが総力戦を物語っています。

攻撃でもペナルティや退水を獲得したのをきっちり決めるだけでなく、速攻も決め、まさに快勝といえるのではないかと思います。

選手の皆さん、スタッフの皆さんお疲れ様でした。
若手の皆さんはユニバーへ、そして全選手は1月の五輪予選(千葉)へ向けがんばってください。

Cimg2885

その後、夕方と夜の試合では準決勝が行われました。

ハンガリー対セルビアは、予想外にハンガリーが超攻撃型で前半に大量リードを奪いましたが、セルビアがじりじりと追い上げ、信じられないことに同点で延長へ。そして逆転勝ちを収めました。15対14

イタリア対クロアチアは、イタリアがきっちりと決めて最少得点差で勝利。9対8

| | コメント (0)

2011.07.25

上海世界選手権 ドイツ戦

昨晩、日本はドイツと対戦し6対8とおしくも負けました。
このカードは、グループ3位の日本は他グループの2位と対戦し、勝てば8位以内の戦いに進めるところでした。

得点は、志水3点、竹井1点、塩田1点、永田1点

1ピリは、志水の2本のアクションゴールと塩田のペナルティシュートで3対3
2ピリは、お互いゴールが奪えずターンオーバーの繰り返し、相手の1点のみで0対1(3対4)
3ピリは、永田が退水時シュート、竹井がアクションゴールで決めるも後半はなされ2対3(5対7)
最終ピリオドは、志水の退水時シュートで1点差に迫るものの、ラスト11秒で決められ万事休す1対1(6対8)

これで日本は9~12位戦に回ることになりました。次はオーストラリア。

| | コメント (0)

2011.07.21

上海世界選手権第2戦 BRA11-13JPN

すでに報道があるように、予選リーグで勝利をあげたのは初とのこと。
これで順調にいきグループ3位になれば、過去最高順位である14位を上回り、12位以内が決定すると思います。

今回は攻撃データからも勝っていたことがわかります。
日本の得点/シュート数が13/27で48.1%の決定率なのに対し、ブラジルは11/30で36.7%。
退水は、日本が12本誘発しシュートが6/9なのに対し、ブラジルは10本の誘発で3/5と、両方のデータで勝っています。

ブラジルは5mシュートを13本打って2本の決定なので、あまり決め手がなかったのでしょう。(日本は1/5)

GK棚村も調子が出てきたようです。セーブ率は10/21で47.6%。(相手は7/20で35.0%)

ただ、1ピリで4-2で取られ、2ピリも序盤でトータル5-2まで引き離されていますので、そこからの大逆転劇だったわけです。
2ピリ後半と3ピリはかなりラリーの中から、日本が点を少しずつ追い上げ、逆転し、引き離していっています。
竹井や志水がいいことろで得点しているようです。

以上、FINAサイトのデータからでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧